専門家に撮ってもらおう

女性

数枚用意しておこう

オーディションを受ける時には履歴書を送ることになります。そこには自身の顔写真や全身写真も添付することが一般的です。ただし、オーディション内容によって指定は異なります。何センチかける何センチの上半身写真だったり、全身がしっかり分かる写真だったりというようにいろいろと指定があるのです。この指定にきちんと沿ったものではないと、書類審査の時点ですぐに落とされてしまいます。オーディション会場に行くことはできません。指定内容をきちんと把握した上で、適切なものを送りましょう。また、指定内容に合っていてもピントがボケている写真はご法度です。少しでもキレイに見えるようなものを送ることがポイントです。それには素人が撮影するのではなく、専門家に撮影をしてもらいましょう。写真館や撮影スタジオで予約を入れ、オーディションで使う写真を撮影したいと言っておけばきちんとしたものを撮影してくれます。そこはプロのカメラマンなので、きちんとしてくれることでしょう。女性なら一番可愛く見えるような写真を撮影してくれるはずです。それから、何度もオーディションを受けるのなら、その度に撮影をするのは大変です。送る写真の指定が今までのオーディションと変わらないようなら、何枚か撮影しておくと安心です。手持ちのものを送りましょう。ただし、撮影時期と現在の姿がかなり違っているのはいけません。一年以上前のものは処分することをおすすめします。