印象のよい撮影

ステージ

撮影のポイント

芸能関係のオーディションに応募する場合には、ほとんどの場合に、自己のプロフィールを書いた履歴書と一緒に、写真を送る必要があります。この場合に気をつけなければいけないのは、使用する写真です。使用する写真によってオーディションの結果にも大きく影響する場合もあることから、慎重に選択して使用する必要があります。注意すべきなのは、使用する写真が撮影された時期がオーディションによって決められている場合です。応募のときから特定の期間内に撮影された写真でなければ使用できない場合もあることから、こうした決まりをしっかり守って応募する必要があります。間違って昔に撮影した写真を使用した場合には、面接などのときに、本人の印象と写真の印象が異なってしまう場合もあるので、細心の注意が必要です。またオーディションによっては履歴書に貼り付ける写真の裏側に自分の名前を書かなければいけないこともあります。これは万が一のりなどで貼り付けたものが剥がれ落ちたときのために、必要になる作業です。オーディションの種類によって送らなければいけない種類が異なる場合もあります。複数の種類のものを送らなければいけないときは、しっかりとそれぞれの規定に合った方法で撮影したものを送る必要があります。一般的なのは顔写真のほかに全身が撮影されたものを一緒に送らなければいけないケースですが、こうした場合には頭からつま先までしっかりと写っているものを選んで送る必要があります。