合格するためのコツ

子供たち

基本的なマナーも大切

子役オーディションに合格したいなら、運も必要なのですが、それ以外にもちょっとしたことが大切になってくる場合が多いです。どのような種類のオーディションだったとしても、子役の礼儀作法を見ているという審査員は少なくないです。例えば、入退室の際にきちんとおじぎや挨拶ができるのか、靴をそろえているのかといった部分です。これらは親のしつけが直接影響するためで、自由奔放に育てられた子役は扱いにくいことがあるからです。そのため、こちらの要求に素直に応えられる子役を探す手がかりとして、最低限のことができるのかをチェックされます。それから控え室が用意されているオーディションというのも珍しくはありませんが、ここでも気を抜いてはいけません。実はオーディションの参加者を装って、審査員が紛れていることがあるのです。控え室ではありのままの姿を見ることができますから、周りに迷惑をかけてはいないか、不必要に騒ぎ立てるといった行為はしていないかを調べられているかもしれないです。オーディションに受かれば、大勢の人やカメラの前に立つことになりますから、子役と言えども、プロとしての意識が備わっていないと採用されません。最後に、自分をアピールできるのかどうかも、オーディションでは重要視されます。子役の場合、容姿のアドバンテージはほとんどなく、合否は言動のみで判断されるのです。聞かれたことに元気良く答えられるように、自宅で何度も練習をしておきたいです。