専門家に撮ってもらおう

女性

オーディションを受けるためには先に書類を送ることがあります。そこには全身や上半身の写真を添付することもよくあるので、撮影スタジオで撮ってもらいましょう。プロのカメラマンならキレイに撮影してくれます。指定内容に合うものを送りましょう。

詳しく見る

将来のスターを目指して

女の子

親の夢を託して

子役のオーディションには女優さんになりたい、演技をしたい、アイドルになりたいと自ら積極的に応募するお子さんをはじめ、既に劇団やタレント事務所に所属してドラマやCM、映画などのオーディションを受ける方、親の夢を託されてオーディションに参加しているお子さんも少なくありません。パパやママが俳優や女優に憧れていたり、芸能界に憧れを持っていたという方が、自分の子どもに夢を託して子役のオーディションに応募してくるケースも多いのです。子役で成功すれば、そのまま芸能界で活動して将来のスターとなる道も切り開けますし、最近は学業やスポーツなどと両立させながら子役をこなす子どもも増えているので、文武両道はもちろん、芸の道まで極められます。子役やモデルとして活動するために劇団やタレント事務所などのオーディションを受けさせるパパやママの中には、スターにさせたいといった目的だけでなく、子供の積極性をつけたい、引っ込み思案を直したいという方や協調性や社会性を身に着けたいと考えて応募してくる方もいます。早い時期から親の指導を離れて、少し厳しい芸能界の環境に身を置くことで子どもが自立し、自分の行動に責任感を持つようになり、言葉遣いや礼儀なども身に着けられ、積極的な行動をするようになるケースも少なくありません。ずっと芸能活動を続けていくかは、その後の子供の成長と夢や目標にゆだねるとしても、一時的な社会勉強にも有効として人気があります。

仕組みを把握しておこう

カメラ

子供を子役としてデビューさせたいと考えた場合、まずは劇団に入団する為のオーディションを受ける必要があります。各メディアから出演オファーが劇団側に届くので、そこから選定されると言う仕組みです。まずは目的の劇団を隈なくチェックしておきましょう。

詳しく見る

審査員受けする物とは

男の子

オーディションの写真では、ヘアスタイルやメイクはシンプルなのが一番です。また体型や姿勢がわかる服を着て、正面から自然なポーズで撮ったものがもっとも有効といえます。そのため変な小細工をしていない素の状態がわかる写真をチョイスするのが最適です。

詳しく見る

合格するためのコツ

子供たち

いろんな子役のオーディションがありますが、たいていのところでは礼儀作法ができているのかを見られます。加えて控え室でも、迷惑をかけていないか、騒いではいないのかを調べられているかもしれません。それから自分のアピールできるように、練習しておくと良いです。

詳しく見る

印象のよい撮影

ステージ

芸能関係のオーディションに応募する際に必要になるのが、履歴書を書くことと、それに貼り付ける写真の選択です。使用する写真によってオーディションの結果に影響することもあることから、応募の規定を守って正しい写真を使用する必要があります。

詳しく見る